王女&女騎士Wド下品露出 ~恥辱の見世物奴●~

王女が日ごろのストレス開放の為、側近の魔術師にストレス発散の魔法をかけてもらい気晴らし(民衆の前でオナニー)をするシーンから始まります。どう考えてもエッチな呪いですよね。でも、王女はその興奮にはまりどんどんエスカレートしていきます。同じく側近の女騎士は王女を助けようとするも・・・
露出好きにはたまりません・・・
私も(*´Д`)こんな事し・て・み・た・い♡

目次

発売日:2020/08/28
シリーズ:王女&女騎士Wド下品露出
メーカー:メディアバンク
レーベル:White Bear
ジャンル:巨乳  ファンタジー 露出 女騎士 鼻フック

ストーリー 前編

エルスタイン王国ーーー
大陸の七つの国が群雄割拠する時代、
二大国家「エルスタイン王国」と「ドミナス帝国」は長く戦闘状態にあった。

炎に包まれる街を行進するドミナス兵士。
ドミナス帝国は制服した土地の者を奪い、残虐な戦闘国家であった。

一方、エルスタイン王国は、堅牢な城壁と王家に伝わる強力な防御魔法で領土が守られ、平和で豊かな生活を営んでいた。

「エルスタイン王国万歳!エリーゼ様、万歳!!」

エルスタイン王国の王女として生まれたエリーゼは、民を愛し、民から愛される理想の王女だった。
幼い頃より公私に渡って仕える女騎士、アンナと共に幸せな日々を送っていた。

しかしエリーゼには悩みがあった。
理想の王女と本当の自分。そのギャップから来るストレスにより、やがて彼女は全てを曝け出したいという欲求を抱くようになる…。もっとスリルを、もっと刺激を、もっと快感を。

国民の前で、自身の欲求がやがて現実のものとなってしまう。
その様子をアンナが察し、魔術師バルドゥルを問い詰めるとエリーゼに掛けた魔法は身代わりがあれば解かれると言われ、その陰謀にはまってしまう。

夜の城下町、裏路地の薄暗い酒場ーーー
奴●に扮した女騎士アンナと、娼婦に扮した王女エリーゼが、民衆の前で醜態を晒しその身体を弄ばれてしまう。

止まる事のない露出快楽を求めて続けてしまったエリーゼは、耐えられずに禁句である防御魔法の解除法を吐露してしまった。
光が放たれた瞬間、国が滅びゆく姿に変わってしまう…。

王女&女騎士Wド下品露出 ~前編~ 恥辱の見世物奴●


ストーリー 後編

王女エリーゼが防御魔法の解除法を吐露してしまい、
平和で豊かな「エルスタイン王国」は滅びゆく姿に変わってしまった。
王女エリーゼ、女騎士アンナの二人も自ら深い闇へと堕ちていく。

国民の前で全裸で首輪を付けられ四つんばいになった姿を晒す。
誰もが知っているあの気高く清廉な王女エリーゼはそこに存在しなかった。
そして女騎士アンナも正常に意識を保つ事が困難になり精神が壊れていく…

遂には、人ならざる者のオークがエリーゼの前に立ちはだかり、
人ではない物を突き付けられてしまう。
それは、エルスタイン王国が人間以下という事を意味するのであった。

王女&女騎士Wド下品露出 ~後編~ 恥辱の見世物奴●